日曜日も休まず診療しています!

さむら脳神経クリニック

文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大

診療内容

MEDICAL
診療内容

当院で治療している疾患

■頭痛
緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛
■その他一次性頭痛
雷鳴頭痛、性行為関連頭痛、労作性頭痛、穿刺様頭痛等、頭部外傷、慢性硬膜血腫、三叉神経痛、咽神経痛、顔面神経麻痺
■認知症
アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症等
■脳卒中
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血
■脳腫瘍
良性腫瘍、悪性腫瘍、転移性脳腫瘍等
■脊椎脊髄疾患
脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア等、パーキンソン病、てんかん、顔面痙攣、本態性振戦等
■脳卒中の原因となる慢性疾患
高気圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症等
■その他

内服治療で治療可能な場合は当院で治療をおこないますが、手術や入院加療が必要な場合は大学病院や県立病院などの治療可能な施設へご紹介致します。 難治性てんかん脊髄小脳変性症や筋萎縮性側索硬化症などの神経難病の場合は、神経内科専門医や専門施設へご案内しております。

こんな症状が心配な場合当院へ

頭痛

頭痛、顔面が痛い、頭が重たい、頭がしびれる、鎮痛剤ばかりのんでいる

初めての痛み、普段と違う痛み、普段より長続く痛み、普段効いている鎮痛剤が効かない痛み等の際は、受診をお勧めします。

頭をぶつけた

外傷による異常の有無ばかりで無く、外傷に弱い脳の状態になっていないかも確認します。

物忘れ、計算が出来なくなった、出来ていたことが出来なくなった、おなじことを何度も言ったり聞いたりする、考えがまとまらない、言葉がでてこない、読んでも理解できない

認知症の始まりかもしれません。先手先手で対策を講じていきましょう!

めまい、ふらふら、まっすぐ歩けない

他の診療科で原因がつかめないめまいについては、脳内疾患の有無を確認する必要があります。

目がぼやける、視野が狭くなっている、片側だけよくぶつかる。二重に見える

目は口ほどに脳の症状を語ってくれます。眼科で異常のない場合は、脳外科受診を!

手足のしびれ、脱力、力が入らない、よく持っているものを落とす、麻痺がある

症状と反対側の脳の症状を考えます。

手がふるえる、字が書きにくい

内服治療がよく効く場合があります。

その他

けいれんする

2年間けいれん発作が無ければ、車の運転も可能になります。

耳鳴りがする、耳が聞こえにくい

聴神経に腫瘍が出来ている場合は、治療で改善することがあります。

呂律が周りにくい、よく噛む

続く場合、徐々に悪化する場合は脳疾患に注意しましょう。

よくわからない症状、どこに行けば良いのか何科に行けば良いのか分からない場合

当科にご相談下さい!

オゾン療法について

オゾン療法とは

ドイツではすでに70年近い歴史があり、ヨーロッパ諸国ではひろく認知、確率されている治療法です。 イギリスのエリザべス王大后はオゾンの血液クレンジング療法(大量直血療法)を受け、101歳までにいきたことでも有名なアンチエイジング療法でもあります。 日本国内でも徐々に導入され、保険診療での治療は改善しにくい症状や、疾患に期待できる治療法で沖縄県内では初めて、当クリニックが導入致しました。 身体にもたらす良い作用として、抗酸化力の強化、全身の酵素化、末梢血流の増加、免疫機能の改善、細胞の活性化などがあります。